kinz up

kiki vivi lilyはテン年代音楽シーンの重要ピースで間違いなし!

今年に入って名前を見る回数が圧倒的に増えた「kiki vivi lily」(キキビビリリー)

tofubeatsを筆頭とするテン年代音楽シーンを数年後に振り返るとき、
彼女の名前が出ずにトークが進むことはあり得ないんじゃないか。

これからの数年でさらに売れていくであろうkiki vivi lilyについて少しだけ。


まず僕が知ったきっかけは、ヒイキにしてるレーベルOMAKE CLUBから
“中小企業”のアルバムリリースの時。

11曲入りのアルバムも捨て曲無しの最高なものだったけど、
唯一客演を呼んである曲”ALICE”に「kiki vivi lily」の文字が。

その時は何の気なしに「良い声のゲストボーカルいるなぁ」くらいでした、今思えばポンコツの耳。

それから”オマケのイベント“でライブを見てさらに「良いなぁ」とか思ったり。

 

それからは特に気にすることもなくたまに”ALICE”を聞いてたけど、

先日発売の”TOKYO HEALTH CLUB”のミニアルバム”MICHITONOSOGU”でも
#5″IT’S ALL RIGHT”でゲストコーラスで参加しているのに気づきまた気になって、

これはもうちょっと深く曲聞いてみなきゃなと思った次第です。ありがとうTHC。

 

さていよいよYouTubeで kiki vivi lilyを検索。
結論からですが、全部最高です。間違いなさすぎ。

トラックこそあまり作ってないみたいだけど、声が独特な優しい感じで
メロディラインが心地よく、聞いてて気持ちいい。

ソロで昨年10月にリリースしているアルバムの
この曲なんかは相対性理論ないしやくしまるえつこ感もでてたり。

 

↓こちらはアルバムのタイトルトラックでもある「LOVIN’ YOU」
今後も語り継がれる代表曲だと思うのでまずはここから

↓こっちはアルバムからMVカットの1曲
軽やかなテンポ、クラップがノリやすい曲にkiki vivi lilyらしいハマりすぎなメロディラインが最高

↓そして絶対聞いてほしいのはこちら
客演としての存在感とアクセントの付け方がヤバい。

こんなガチガチなヒップホップトラックにメロディアスなコーラス乗っけれるなんて
G.RINAやコトリンゴみたいだなと、大御所の名前を出すしかないですもう。

↓あとこれは何かで聞いたことあるなぁ と思ってiTunesの中調べたら
YOSAのCITY HIP HOP MIXに入ってた曲ですね。良い曲だとは思ってたけど全然スルーしてました。

YOSA、中小企業、THCとOMAKE CLUB(Manhattan Records)で拾ってくれたおかげでようやくヒット。
ありがとうございます。

 

と、良い曲しか歌ってないkiki vivi lilyさん。

もっと人となりを知りたいって方はこちらのレーベルインタビューの記事を読むと良いと思います!
http://www.clubberia.com/ja/interviews/775

昔違う名前でアイドルにカヴァーされるほどの音楽活動されてたりとか、
女性名で活動して聞く人に偏見持たせず届いてほしいとか、
面白い内容です!

 

個人的な意見、感想で、kiki vivi lilyも福岡出身ということで、同郷の泉まくらとの共演とか、
おそらくtofubeatsあたりが客演に読んで楽曲作ったりするだろうなとか思ってます。

残り少ない2010年代、間違いなく最重要のアーティスト!

 

kiki vivi lilyにかぎらず泉まくら、おかもとえみ、MCpero、鈴木真海子(from chelmico)などなど
ヒップホップトラックにラップに限らず分かりやすいポップス的なボーカルを乗っけるという
最高な流れがこのところ特に続いてると思うのでその辺も意識して追っかけたいところですね。

下の関連記事に読んでほしい記事いくつか置いときますので興味ある方ぜひ読んでもらえたら!

 

話の流れで失礼しますが、6月下旬発売の鈴木真海子のアルバムは要チェック!

サンクラで公開されてるこの曲聞いて即予約へ👍

[soundcloud url=”https://api.soundcloud.com/tracks/291749965″ params=”color=ff5500&auto_play=false&hide_related=false&show_comments=true&show_user=true&show_reposts=false” width=”100%” height=”166″ iframe=”true” /]

 

 


ビートメイクという違う角度からの2010年代最重要アーティスト STUTS も出演のイベント、
Bringly upは6月25日に渋谷LUSHで開催です!

ご都合つけばぜひ!当然他3アーティストも負けず劣らず最高です!

詳細こちら:https://kinz-up.com/bringlyup2

 


<リリース情報>

タイトル:LOVIN’ YOU
アーティスト:kiki vivi lily
発売日:2016年10月19日(水)
価格:1,620円

[トラックリスト]
1. LOVIN’ YOU
2. Goes All Right
3. CRAZY TOWN
4. Mysterious Kiss
5. AM0:52
6. Stay My Boy

 


<関連記事>

【MV紹介シリーズ #6】 POOL / おかもとえみ

https://kinz-up.com/ghiphop

【MV紹介シリーズ #1】C.O.S.A. × KID FRESINO

 

 


このサイトのTwitterアカウントもあるのでフォローよろしくお願いします
基本は音楽情報のリツイート、もちろん更新情報をツイートするので良ければ!


【インタビュー】3rdアルバムリリースを控えるtoconoma、圧巻のライブアクトはどう生まれているのか?アルバム関連質問も!前のページ

【MV紹介シリーズ #10】 唾奇 × Sweet William / Made my day次のページ

ピックアップ記事

  1. 2017年ベストソングTOP9!
  2. “唾奇×Sweet William”から広げるグッドなア…
  3. 【インタビュー記事(2/2)】”R.I.P. NFZ”の…
  4. 【インタビュー記事(1/2)】”R.I.P. NFZ”の…

関連記事

  1. kinz up

    アングラ発の弱冠20歳!maco maretsがオシャレでカッコ良すぎる!

    また1人音楽シーンに天才が、その名はmaco marets (マコ マ…

  2. kinz up

    “唾奇×Sweet William”から広げるグッドなアーティストたち ~…

    この記事はある意味、後編になります。まだの方は前編→唾奇 編を読ん…

  3. kinz up

    プレイリスト 20160520

    自分が音楽にハマってから2年間の集大成です、個人的永久保存版 (…

  4. kinz up

    2017年ベストソング6曲 ~期待のアーティスト編~

    2017年上半期も3週間が過ぎ、kinz upでも上半期ベストソングは…

  5. kinz up

    泉まくらの最新アルバム「アイデンティティー」が、ほとんど完成形である話

    9月7日にリリースされた1年半ぶりとなった泉まくらの最新アルバム、満…

  1. MusicVideo

    【MV紹介シリーズ #6】 POOL / おかもとえみ
  2. MusicVideo

    【MV紹介シリーズ #5】 Looking For The Special/ g…
  3. kinz up

    ラップアーティスト”Gacchi”が新曲「たたずむ 」の…
  4. MusicVideo

    【MV紹介シリーズ #4】夜にダンス / フレンズ
  5. kinz up

    イントロ3秒で惚れる! 4人組インストバンド toconoma
PAGE TOP